生命保険とは?

生命保険と税金

生命保険に入ると税金が安くなる場合があります。

 

食費や光熱費、そして住居費に教育費と、生活に関わるお金は色々あり、保険料の支払いも負担に感じることがあるでしょう。

 

しかし、ある手続を行うと、税金が安くなるのです。

 

生命保険料控除の手続をすると、所得税と住民税が軽減され、家計にも優しくなります。

 

保険料控除には、一般の生命保険と個人年金保険があり、年間に支払う保険料総額によって控除される金額が変わります。

 

一般の生命保険では、契約者、その配偶者、その他の親族が保険金の受け取りとなっている生命保険が対象で、財形保険や団体信用生命保険などでは対象外です。

 

もう一方の個人年金保険では、一定の条件を満たした個人年金保険で適用されています。

 

手続ですが、会社員の方なら年末調整の際に手続きを行っておきましょう。

 

自営の方は、確定申告時に行います。

 

それから、生命保険の保険金に関する税金もあるのです。

 

保険を受け取る時には、全ての場合で保険金がもらえるというわけではないのです。

 

受取人の立場によっては、税金を支払わなければならない場合があります。

 

生命保険の契約者の法定相続人が受取人になっているのなら相続税がかかるのです。

 

保険契約者と被保険者が異なる時には贈与税が、受取人が契約者本人の場合でも所得税がかかります。

 

もっとも、基礎控除で非課税となることも多いでしょう。

 

生命保険にまつわる税金に関しても理解をしておくと、より上手に活用できるのではないでしょうか。

生命保険と税金関連エントリー


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

生命保険と税金

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します