生命保険とは?

解約返戻金とは

生命保険に加入しても、何らかの理由で解約する場合があるでしょう。

 

その際に支払われるのが解約返戻金というものです。

 

保険の種類によっては解約返戻金がない場合がありますが、長期間加入していればいるほど戻ってくる金額は高くなるでしょう。

 

解約返戻金がもらえるのは、加入してからある程度の年数が経っている場合で、入ってすぐの場合では受け取れないのが一般的です。

 

保険料を支払っているのに戻らない理由は、保険料の使われ方にあるのです。

 

加入者が払った保険料は、全てが将来の保険金となるわけではないのです。

 

保険会社は、払い込まれた保険料から事務経費などを差し引いてから保険金として積み立てていく仕組みになっているのです。

 

保険料から経費が差し引かれたものは付加保険料と呼んでおり、更に、将来の保険金となるのが純保険金と呼ばれています。

 

このように、保険金はいくつもの名目で細分化されるので、支払った保険料がそのまま解約返戻金になることではないというのが理解できるのではないでしょうか。

 

解約返戻金がもらえる年数は加入後何年かというと、生命保険の多くは3年後としているようです。

 

また、返戻金がない、あるいは低く抑えられているのは掛け捨て型の保険であって、定期保険や養老保険では保険料が高めに設定していることから、戻る金額も高くなるのです。

 

請求方法は、保険の契約者本人が行うのが決まりで、実際に手にするまでには数週間の時間が掛かるでしょう。

 

生命保険を解約するデメリットについても考え、解約返戻金の金額や手続方法なども確認し、納得してから解約することをお勧めします。

解約返戻金とは関連エントリー


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

解約返戻金とは

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します