生命保険とは?

死亡保険金はどれくらい必要か

生命保険で問題となってくるのが、死亡保険をどのくらいの金額に設定するかという点でしょう。

 

死亡保険金の金額は少なくても多すぎてもいけないのです。

 

少ないと、残される家族が安心して生活できない可能性もありますし、生活費や住居費などで必要な額を考量して、不足のない金額にするようにした方がよいでしょう。

 

また、お金はあれば困らないからと、保険金を高くするのも考えものなのです。

 

高額の死亡保険金があれば、家族に不安のをない暮らしを送らせることも可能ですが、たくさんの保険金を得るには保険料の負担もかなり大きなものとなるからです。

 

もしもの安心のために加入する生命保険なのに、今の生活を圧迫する様では、入る意義も薄れてしまいます。

 

家計に無理なく支払っていける保険料である事が重要なのです。

 

必要な保障額を計算してから加入するようにした方がよいでしょう。

 

そこでポイントとなるのが子供の教育費や老後資金です。

 

子供のいる家庭の場合、教育費の準備を見越した死亡保険金になるようにしましょう。

 

下の子供が大学を卒業し、独立するまでの期間に使う金額から保険金を決めていきましょう。

 

老後資金も同様で、公的年金が始まるまでの期間をサポートできるようにしたり、介護に掛かる費用のことも含めた試算を参考にしたりと、各々の場合に即して必要な金額を決めます。

 

おおよその金額が分かったら、それを元に保険を選ぶことになります。

 

生命保険は非常に多くの種類があります。

 

保険外交員の方からアドバイスを貰いながら、自分にあった保険を選ぶようにしましょう。

死亡保険金はどれくらい必要か関連エントリー


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

死亡保険金はどれくらい必要か

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します