生命保険とは?

生命保険の仕組み

生命保険に加入するのなら、仕組みを知っておく必要があります。

 

皆が入るからと良く内容をん理解せずに加入しては、せっかくの保障も十分に活かせなくなることになり兼ねません。

 

保険の基本を学ぶ必要があるでしょう。

 

生命保険には、主契約と特約から成り立っています。

 

主契約とは、死亡保険と生存給付、年金などがあり、保険の核となる部分でしょう。

 

死亡保険は、保障期間中に亡くなった場合に支払われるもので、生命保険では死亡保険の内容に特に注意しておいた方がよいでしょう。

 

保険の種類によっては、保険金が出る条件が異なるものがありますから、どんな条件なのかしっかり確認しておいた方がよいでしょう。

 

そして特約とは、死亡保険にオプションとして付加するものです。

 

特約は単体で契約することはできないのです。

 

あくまでもオマケのような扱いではありますが、保険の使い勝手の良さが現れるのがこの特約ともされ、例えば医療特約をつけているなら、急な入院時なども安心して治療に専念することが出来るでしょう。

 

死亡保険と特約をうまく組み合わせ、自分に合った保障にするのが、賢い生命保険の入り方なのです。

 

死亡保険は、もしもの時に大いに役立つものでしょう。

 

しかし、より充実した保障内容にしたい時や、死亡保障が決まった期間しか対応していない定期保険であるなどの場合には、特約をつけて保障を厚くする、あるいは貯蓄性を高めるといった方法も考えられます。

 

生命保険は、保険の基礎を知り、主たる保障の死亡保険と特約の両方のバランスを考えて加入することが望ましいのです。

生命保険の仕組み関連エントリー


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

生命保険の仕組み

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します