生命保険とは?

生命保険の選び方

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します

生命保険の選び方エントリー一覧

生命保険の仕組み
生命保険に加入するのなら、仕組みを知っておく必要があります。皆が入るからと良く内容をん理解せずに加入しては、せっかくの保障も十分に活かせなくなることになり兼ねません。保険の基本を学ぶ必要があるでしょう。生命保険には、主契約と特約から成り立っています。主契約とは、死亡保険と生存給付、年金などがあり、保険の核となる部分でしょう。死亡保険は、保障期間中に亡くなった場合に支払われるもので、生命保険では死亡保険の内容に特に注意しておいた方がよいでしょう。保険の種類によっては、保険金が出る条件が異なるものが...
死亡保険金はどれくらい必要か
生命保険で問題となってくるのが、死亡保険をどのくらいの金額に設定するかという点でしょう。死亡保険金の金額は少なくても多すぎてもいけないのです。少ないと、残される家族が安心して生活できない可能性もありますし、生活費や住居費などで必要な額を考量して、不足のない金額にするようにした方がよいでしょう。また、お金はあれば困らないからと、保険金を高くするのも考えものなのです。高額の死亡保険金があれば、家族に不安のをない暮らしを送らせることも可能ですが、たくさんの保険金を得るには保険料の負担もかなり大きなもの...
加入条件について
「生命保険は健康な時に入った方が良い」とはよく言われる言葉です。これは、加入条件と係わりがあるのです。生命保険の多くは、誰でも入れるというわけでは無いのです。保険に加入する条件に、将来発症するリスクの少ない状態であるという事が求められ、既往症があったりすると保障内容に制限が付いたり、保険料が高くなる場合があります。保険会社からすれば、病気に罹る可能性がある方の加入を認めてしまうと、将来高額の給付金を支払うことが予想されるので、経営上のリスクを負うことになってしまうのです。よって、加入する際には、...
生命保険の保険料
生命保険の加入で問題となるのが保険料の支払いでしょう。家計とのバランスを考え、月収の10〜15%までに抑える事をお勧めします。生活の保障となる保険ですが、支払いのために何かを節約するのでは、健全な保険の入り方とはいえないでしょう。万が一の事態に備えるのが目的ですので、無理なく払える保険料になるように保障内容を調整した方がよいでしょう。生命保険に入るなら、保険料の支払いが困難になることが予想される提案は受け入れないようにしましょう。時折、充実した保障のために割高の保険料を支払っている方が居るようで...
保険金の請求方法
生命保険の死亡保険金を請求する際には、保険会社に連絡することから始めましょう。被保険者が亡くなったことを告げ、請求手続に入りますが、保険金が下りるには所定の手続と必要な書類を揃えなければならないのです。必要な書類を紹介します。まず、生命保険証券を用意しましょう。重要書類ですから、日頃からきちんと保管して、必要になった時にすぐに出せるようにしておきます。そして、受取人が記入した保険金支払請求書を準備しましょう。請求書には忘れずに必要事項を書き、記入漏れがないかの確認も忘れずにしましょう。医師による...
生命保険の免責事由
生命保険に入っても死亡保険金が支払われない場合がある事をご存じでしょうか。その根拠となるのが免責事由なのです。「特別な場合に関しては保険金を支払わない」とするもので、保険会社が破綻するのを防ぎ、保険に関連する犯罪が起こらないようにするために設けてあるものです。免責事由になるものには、いくつかの取り決めがあります。亡くなる方が非常に多くなることが予想される戦争や内乱、革命が起こると保険金はもらえないのです。津波や噴火、地震でも同様です。また、生命保険の加入後に、契約者が保険金の受取人によって殺害さ...
解約返戻金とは
生命保険に加入しても、何らかの理由で解約する場合があるでしょう。その際に支払われるのが解約返戻金というものです。保険の種類によっては解約返戻金がない場合がありますが、長期間加入していればいるほど戻ってくる金額は高くなるでしょう。解約返戻金がもらえるのは、加入してからある程度の年数が経っている場合で、入ってすぐの場合では受け取れないのが一般的です。保険料を支払っているのに戻らない理由は、保険料の使われ方にあるのです。加入者が払った保険料は、全てが将来の保険金となるわけではないのです。保険会社は、払...
保険金不払いとは
生命保険加入後のトラブルのひとつに保険料の不払いというものがあります。これは保険金を請求しても、正当な理由がないのに保険会社が支払わないことをいいます。保険金不払いは、過去に大きな問題となった事をご存知でしょうか。広く知られるキッカケとなったのが、2005年の明治安田生命と富士火災海上保険が起こした保険金不払い事件です。保険金に関する事件としては規模が大きく、かつ悪質であり、以後は保険業界で同様の事件が次々と発覚していきました。このような事件が起こる背景には、保険の複雑化というものがあります。生...
生命保険と税金
生命保険に入ると税金が安くなる場合があります。食費や光熱費、そして住居費に教育費と、生活に関わるお金は色々あり、保険料の支払いも負担に感じることがあるでしょう。しかし、ある手続を行うと、税金が安くなるのです。生命保険料控除の手続をすると、所得税と住民税が軽減され、家計にも優しくなります。保険料控除には、一般の生命保険と個人年金保険があり、年間に支払う保険料総額によって控除される金額が変わります。一般の生命保険では、契約者、その配偶者、その他の親族が保険金の受け取りとなっている生命保険が対象で、財...
生命保険の見直し
生命保険は、加入者のライフプランにあわせて選ぶ事が理想的です。結婚・出産、住宅購入や転職、子供の独立に定年退職など、人生の節目が訪れたら、保険を見直すチャンスではないでしょうか。加入した時は自分にピッタリな保障内容だと思っていても、状況が変われば必要とされる保障は変化していきます。何らかの節目に生命保険を見直すことで、より将来に向けた安心が手に入れることができるでしょう。また、「勧められるままにきちんと検討もせず入ってしまった」、「仕事や親族との付き合い上、加入することになった」など、自分にマッ...
生命保険をお得に
生命保険では毎月保険料を支払いますが、お得になる方法がある事をご存知でしょうか。保険料はまとめて支払うと保険料が抑えられるのです。支払方法にはいくつかあり、月払い、半年払い、年払い、そして一時払いというのがあります。保障内容や、年代・性別によって保険料は変わりますが、たいていの方は月払いにしていることが一般的でしょう。ですが、保険料はまとめることでお得になるので、半年や年払いにするのがよく、保険料のための資金に余裕がある方は一時払いがお勧めなのです。さらに、団体払いにすると割安になるとされます。...
初めての生命保険選び
生命保険に初めて入る時にはどのような保険が良いのか悩むものでしょう。就職した時や結婚を機に加入する方が多いとされますが、自分にとって必要な保障が受けられることに注目して選ぶことが大切で、保障内容や特約などを比較して自分にピッタリな保険を探した方がよいでしょう。生命保険の選び方では、ライフプランに沿った保険にすることを優先しましょう。就職すれば、病気やケガの際に支払う医療費の保障が厚いものが良いでしょうし、結婚して配偶者がいるのなら、もしもの時に備えて死亡保険金がもらえるタイプのものが向いています...
生命保険会社の選び方
生命保険に加入する時には、保険会社にも注意するようにした方がよいでしょう。せっかく加入しようと思っていても、保険会社の経営に問題があったり、信用度が低いと見なされれば、保険の申し込みも戸惑ってしまいます。会社自体が信頼できるかどうかも生命保険選びでは大切なポイントです。経営難から保険金がきちんと支払われない、あるいは医療保障などの内容が正しく履行できない等の保険のトラブルが起こらないように、安心できる保険会社かどうか見極めなくてはなりません。安全度を知るには、まず格付けをチェックしましょう。格付...
信頼できる保険外交員とは
生命保険に上手に入るには、信頼できる保険外交員を見つけることも重要な事です。今、保険商品はたくさんの数が販売されおり、従来からある保険以外にも女性保険や学資保険などが登場し、保険の新しい形であるネット保険も一般的になってきています。多くの保険の中から自分にピッタリなものを選ぶのは大変な事です。保障内容を比べたり、保険料がいくら掛かるのか調べたりと、手間と時間がかかるのです。さらに、生命保険に加入する際に悩ましいのが、保険会社からの過剰な売り込みでしょう。販売手数料で収入を得ているので、営業に力が...

Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集