生命保険とは?

外貨建保険とは

生命保険の保険料を日本円以外で支払う保険が外貨建保険というものです。

 

円高になると輸入製品の値段が下がるなど、いろいろな分野でメリットがありますが、実は保険も安くなるのです。

 

保険料を円以外の外貨で支払うと、結果的に保険料がお得になるのです。

 

保険料の支払は、一時払い型と月々払いの積立型があり、外貨ですから、為替リスクがあることに十分注意しましょう。

 

個人年金保険、終身保険と養老保険の3種類は外貨建てにして保険料を支払うことが可能で、米ドル、ユーロ、豪ドルが利用できるのです。

 

外貨建保険の仕組みは、契約者は円から外貨に両替して保険料を払い、保険会社は保険料をその国の国債や公社債に投資して運用するのです。

 

保険金を支払うことになったら、保険会社は外貨で保険金を支払い、保険の受取人が外貨資産として受け取るという形です。

 

今、日本の利率は非常に低くなっています。

 

外貨を使うことで予定利息が高くなることが期待されるせいか、契約数が伸びている生命保険といわれています。

 

プルデンシャル生命では4.0%もの高い予定利率があるのです。

 

円建てでは現在が2%弱ですから、2倍以上もの利息の差がある計算になることからも人気が高いようなのです。

 

また生命保険では、健康であれば保険料が割安になる場合があり、非喫煙割引特約や為替手数料がかからないなどの特典をつけられるケースがあります。

 

生命保険も円高のメリットを活かすと、保障を受けられるだけではなく、資産運用にも役立つのではないでしょうか。

外貨建保険とは関連エントリー


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

外貨建保険とは

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します