生命保険とは?

収入保障保険とは

生命保険の保険金を年金のように受け取れるのが収入保障保険というものです。

 

被保険者が亡くなったり、高度障害を負ってしまった場合に、残される家族が保険金を分割して受け取れるようにしたものなのです。

 

まとめて支払われるよりも、遺族の生活費としては年金形式の方が良いとする意見から、ソニー生命が最初に始め、今では多くの保険会社で同様の保険を扱っているのです。

 

収入保障保険は、基本的には掛け捨ての保険です。

 

保険料が割安に設定されることからも、より多く死亡保障を確保したい方に適しているのです。

 

生命保険に加入することとは別に貯蓄も行って、将来の家族の生活をサポートするにはお勧めの方法です。

 

2種類のタイプの保障があります。

 

ひとつは、確定年金タイプです。

 

死亡後に予め決めた回数分の年金がもらえ、遺族は一定期間の間に生活費として受け取ることが出来るのです。

 

もうひとつは、保険期間満了時まで年金が支払われる逓減定期タイプで、保険期間を超えては受け取れないのが確定年金タイプと異なるでしょう。

 

金額も異なり、確定年金タイプは決まった金額ですが、逓減定期タイプは時間の経過と共に年金総額が変動します。

 

残される遺族のニーズから生まれた生命保険ではありますが、保障期間が終わると医療特約がなくなってしまいます。

 

満期保険金や解約返戻金がない(解約返戻金のあるものもあります)、所得税が課税される可能性があるといったデメリットもあります。

 

生命保険の保険金をどういった形で受け取りたいのかは、十分検討して決めた方が良いでしょう。

収入保障保険とは関連エントリー


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

収入保障保険とは

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します