生命保険とは?

医療保険とは

生命保険として入っておきたいのが医療保険でしょう。

 

病気やケガをした時に支払った医療費をサポートしてくれるというもので、入院給付金や手術給付金、通院に掛かった交通費などもカバーしてくれます。

 

また、最近は先進医療が発達しており、ガン治療などで高度な治療を受けられるなど医学の進歩も目覚しいものがあるのです。

 

しかし、健康保険が利用できるものは一部しかなく、ほとんどの先進医療に掛かる技術料は全額自己負担となってしまうのです。

 

先進医療は、高いもので数百万もの高額の技術料が請求される場合もあり、治療に必要なお金が準備できずに治療を諦めてしまう方もいるとされています。

 

そんな場合に頼りになるのが医療保険でしょう。

 

健康であってもいつ何時病気になるかは分からないものです。

 

いざ病気の治療を始めた時に、費用の心配をせずに済みますから、体力が衰えてくる将来に向けて入っておきたい生命保険なのです。

 

1日当たりの給付金と、給付が始まる日数、そして給付されるのは最長何日までなのかを必ず確認しましょう。

 

ただし、医療保険には定期保険のように死亡保険金はさほど多くは無いのです。

 

保険金が下りないタイプもあるのです。

 

あくまで医療費が保証される保険ですから、貯金代わりに選ぶのは誤りなのです。

 

また保険金が下りる病気の種類が細かに設定されているので、治療が終わって保険金請求の手続をしても認められない事もあります。

 

それから、加入する際にも既往症などによっては加入できない場合もあるので、どのような場合に保険金がもらえるのかを確認しておいた方がよいでしょう。

 

生命保険で病気に備えるなら、医療保険を是非選びましょう。

医療保険とは関連エントリー


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

医療保険とは

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します