生命保険とは?

三大疾病保障保険とは

生命保険の三大疾病保障保険は、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中に備える為のものです。

 

この保険は、日本人の死因では上位となっているこれら疾病のいずれかを発症した場合に保障が受けられるというもので、治療費のサポートをするのに適しているのです。

 

ガンは医師の診断された時に、急性心筋梗塞は診断が下りて60日以上は働くのに制限が必要だと判断された場合に保険金が受け取れます。

 

そして脳卒中では、言語障害などの後遺症が60日以上あったとされた場合に保険金の支払い対象となるのです。

 

なおガンに関しては、上皮内ガンや皮膚ガン(悪性黒色腫を除く)と、責任開始日から90日間に医師の診断を受けた乳ガンに限っては保障の対象外となっていることに注意しましょう。

 

それから、この保険には、三大疾病保障終身保険と三大疾病保障定期保険とがあるのです。

 

前者は生涯に渡り保障が続くのに対して、後者は一定期間だけ有効なものです。

 

継続して加入しておきたいのなら、更新のない終身保険の方がおすすめでしょう。

 

それから覚えておきたいのが、三大疾病保障保険は保険金を受け取ると契約が終わるということなのです。

 

保険期間中に亡くなったり高度障害状態に陥ると、死亡・高度障害保険金が支払われることも理解しておいた方がよいでしょう。

 

この保険は、生命保険としてきちんと保障を受けられる状態にした後に加入するのが望ましく、生前給付があるためか保険料は高めに設定されているのです。

 

三大疾病への備えを万全に整えたいと考えるなら、生命保険をより充実させる三大疾病保障保険への加入も考えてみる事をお勧めします。

三大疾病保障保険とは関連エントリー


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

三大疾病保障保険とは

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します