生命保険とは?

こども保険とは

生命保険は子供のために加入する場合もあるでしょう。

 

こども保険は、教育費を貯めながら親にもしものことがあった場合でも保障が受けられる保険で、死亡保険金の受け取りと大学入学時に用意したいお金が貯金できるのです。

 

安心して子供を大学まで行かせるには、入学金や授業料などのお金が必要になります。

 

お金は学部などによって異なりますが、入学時に200万円から300万円は準備しておくのが目安と言われていますす。

 

かなり大きな金額ですが、こども保険に小さい頃から加入すれば、無理なく貯められるのではないでしょうか。

 

こども保険は満期が決められているのです。

 

12歳満期、15歳満期、18歳満期、そして22歳満期と選ぶことができ、小学校、中学校、高校入学時に祝い金(保険金)を受け取る事ができます。

 

保険料は、満期保険金と何歳を満期にするかで決まります。

 

例えば、満期保険金は200万円で18歳時に設定して、子供が0歳、親は30代に加入した場合は、月々の保険料は約13,000円となり、12歳と15歳の時に学資金として60万円の祝い金がもらえるのです。

 

なお、こども保険には育英年金などの特約をつけることが可能ですが、既に親の生命保険が十分に手厚い時は、保障が重なるので無駄となってしまいます。

 

親の死亡保障が不足な場合を除き、無理に特約をつける必要はないのです。

 

こども保険は、親が入っている生命保険との兼ね合いも考えて満期などを考えましょう。

 

安心できる保障を受けながら安全確実に教育費を貯めたいというのなら、こども保険はお勧めの生命保険です。

こども保険とは関連エントリー


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

こども保険とは

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します