生命保険とは?

誰でも入れる保険とは

生命保険には加入するための条件があり、既往症がある方などは入ることが出来なかったり、保障や保険料などが通常の契約とは異なる場合があります。

 

しかし、今は加入条件がなく、誰でも入れるといった保険が登場し、これまで病気で保険加入が認められなかった方を中心に話題となっているのです。

 

このような保険は無選択型医療保険とよばれ、加入者の健康状態は問われないのです。

 

もちろん、生命保険に入るには保障期間や保険給付金などに制限が付く場合もあるのですが、それでも万が一の備えとして保険に入れるので安心できるでしょう。

 

ただし、無選択型医療保険だと、保険料は割高になるというのが一般的です。

 

健康な方よりも入院や通院する可能性が高いことから、給付金の支払いに充てるにはどうしても保険料が高くする必要があるからです。

 

また、この保険では誰でも入れるのですが、特定の疾病に関しては保障をする責任から逃れるとしています。

 

ガン、心臓疾患、脳血管疾患や糖尿病を患う場合には保険金が下りないとする保険もあるようです。

 

それから、最近テレビコマーシャルで盛んに登場するのが、誰でも加入できて保険料も安いことを謳った保険です。

 

手厚い保障で、しかも月々2〜3千円で高齢の方も簡単に入れるとあっては、つい目が行ってしまいがちですが、こういった保険は生命保険ではなく、傷害保険であることが多いようなのです。

 

病気での入院・通院は保障されず、ケガのみで給付金が下りる保険なので、医療保障を受けたい方には意味のない保険になってしまうのです。

 

生命保険では、加入条件だけではなく、保険の種類などもしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

誰でも入れる保険とは関連エントリー


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

誰でも入れる保険とは

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します