生命保険とは?

生命保険の種類

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します

生命保険の種類エントリー一覧

誰でも入れる保険とは
生命保険には加入するための条件があり、既往症がある方などは入ることが出来なかったり、保障や保険料などが通常の契約とは異なる場合があります。しかし、今は加入条件がなく、誰でも入れるといった保険が登場し、これまで病気で保険加入が認められなかった方を中心に話題となっているのです。このような保険は無選択型医療保険とよばれ、加入者の健康状態は問われないのです。もちろん、生命保険に入るには保障期間や保険給付金などに制限が付く場合もあるのですが、それでも万が一の備えとして保険に入れるので安心できるでしょう。た...
定期保険とは
生命保険の定期保険とは、予め保険期間が決まっている保険のことをいいます。保険期間中に亡くなったり、重大な障害を負った場合には死亡保険金や高度障害保険金を受け取れるのです。保険の中では終身保険と並んでよく知られるタイプなのですが、保障が決まった期間にしか受け取れない点に注意しましょう。一定期間だけ充実した保障を受けたい方に向いた保険で、比較的保険料も安いとされています。期間は自由に決められ、満期を迎えたら更新することも出来ます。期間は自分があとどれくらいで定年を迎えるのか、あるいは一番下の子供が独...
終身保険とは
生命保険で生涯に渡って保障を受けたいのなら、終身保険を選んだほうが良いでしょう。保障期間が決まっておらず、加入したら死亡時には必ず保険金が受け取れるという保険です。保険料は掛け捨てタイプよりも割高ですが、残される家族に確実にお金を残したい場合は、終身保険を選ぶのがポイントでしょう。保険料の支払い方に二通りあるのです。一方は短期払いとも呼ばれる一定期間で払い込むというものです。もう一方は、一生涯払い続ける終身払いです。どちらを選ぶかは、加入時の年齢や家族構成などから決めた方がよいでしょう。また終身...
養老保険とは
生命保険で貯金もしたいという方から人気があるのが養老保険なのです。養老保険は、保険期間に死亡したのなら死亡保険金を受け取る事ができ、満期を迎えたならば満期保険金が受け取れるという保険で、その高い貯蓄性が注目されているのです。老後資金を貯めながら保障も受け取りたいといった場合や、子供の学費のために貯金の出来る保険を探している場合に最適なのではないでしょうか。もし期間内に亡くなってしまっても、残された家族に死亡保険金が支払われるので、万が一の際も家族の生活を守ることが出来るのです。養老保険は、保険料...
ガン保険とは
生命保険の中でよく見かけるようになってきたのが、ガンを発症した時に保障を受けられるガン保険でしょう。日本人の主な死亡原因は、ガン、心疾患、脳血管疾患の順となっているのです。およそ3人に1人はガンで亡くなっているとされており、今は肺ガンによって死亡する方が増加しているようです。ガンは喫煙などで発症リスクが高まるといわれますが、ガンになりやすい家系もあることからも、ガンに罹った家族がいる方はガン保険への加入を考えたほうが良いのではないでしょうか。保障内容はガンに特化しており、ガン治療のために入院した...
こども保険とは
生命保険は子供のために加入する場合もあるでしょう。こども保険は、教育費を貯めながら親にもしものことがあった場合でも保障が受けられる保険で、死亡保険金の受け取りと大学入学時に用意したいお金が貯金できるのです。安心して子供を大学まで行かせるには、入学金や授業料などのお金が必要になります。お金は学部などによって異なりますが、入学時に200万円から300万円は準備しておくのが目安と言われていますす。かなり大きな金額ですが、こども保険に小さい頃から加入すれば、無理なく貯められるのではないでしょうか。こども...
女性保険とは
生命保険に女性が加入する場合は、女性専用の保険がお勧めでしょう。ライフスタイルの変化や女性の就職率の向上によって、女性を取り巻く環境も大きく変わっています。仕事に家庭にと多忙を極める女性が増加したことから、保険に入る方は多くなっているようです。そこで、生命保険にも女性の視点が取り入れられるようになってきました。生命保険は、死亡時にはもちろん、病気やケガなどに備える目的で入るものですが、更に女性特有の病気に対応しているのなら、尚更充実した保障が期待できるでしょう。女性が罹りやすい病気・女性疾患に特...
三大疾病保障保険とは
生命保険の三大疾病保障保険は、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中に備える為のものです。この保険は、日本人の死因では上位となっているこれら疾病のいずれかを発症した場合に保障が受けられるというもので、治療費のサポートをするのに適しているのです。ガンは医師の診断された時に、急性心筋梗塞は診断が下りて60日以上は働くのに制限が必要だと判断された場合に保険金が受け取れます。そして脳卒中では、言語障害などの後遺症が60日以上あったとされた場合に保険金の支払い対象となるのです。なおガンに関しては、上皮内ガンや皮膚ガン...
医療保険とは
生命保険として入っておきたいのが医療保険でしょう。病気やケガをした時に支払った医療費をサポートしてくれるというもので、入院給付金や手術給付金、通院に掛かった交通費などもカバーしてくれます。また、最近は先進医療が発達しており、ガン治療などで高度な治療を受けられるなど医学の進歩も目覚しいものがあるのです。しかし、健康保険が利用できるものは一部しかなく、ほとんどの先進医療に掛かる技術料は全額自己負担となってしまうのです。先進医療は、高いもので数百万もの高額の技術料が請求される場合もあり、治療に必要なお...
収入保障保険とは
生命保険の保険金を年金のように受け取れるのが収入保障保険というものです。被保険者が亡くなったり、高度障害を負ってしまった場合に、残される家族が保険金を分割して受け取れるようにしたものなのです。まとめて支払われるよりも、遺族の生活費としては年金形式の方が良いとする意見から、ソニー生命が最初に始め、今では多くの保険会社で同様の保険を扱っているのです。収入保障保険は、基本的には掛け捨ての保険です。保険料が割安に設定されることからも、より多く死亡保障を確保したい方に適しているのです。生命保険に加入するこ...
外貨建保険とは
生命保険の保険料を日本円以外で支払う保険が外貨建保険というものです。円高になると輸入製品の値段が下がるなど、いろいろな分野でメリットがありますが、実は保険も安くなるのです。保険料を円以外の外貨で支払うと、結果的に保険料がお得になるのです。保険料の支払は、一時払い型と月々払いの積立型があり、外貨ですから、為替リスクがあることに十分注意しましょう。個人年金保険、終身保険と養老保険の3種類は外貨建てにして保険料を支払うことが可能で、米ドル、ユーロ、豪ドルが利用できるのです。外貨建保険の仕組みは、契約者...
簡保とは
生命保険に加入する際、簡単に入れるとよいと思いませんか。普通、保険に入るとなったら、保険外交員の方と相談しながら細々とした手続を行っていきます。それに、健康チェックが厳しく、治療中であったり、過去に病気がないか調べられたり、時には健康診断を受けなければならなかったりと、手間と時間が掛かるものなのです。簡単に加入手続きが出来るものがあれば、手頃な保険として人気があるのも当然ではないでしょうか。そういった生命保険が、簡保なのです。正式には簡易生命保険といい、日本郵政公社が民営・分社化したことにより誕...
積み立て型保険とは
生命保険の積み立て型は、高い貯蓄性が魅力の保険なのです。終身保険、養老保険、そして個人年金保険などがそうで、損害保険のうち、満期返戻金のある傷害保険なども積み立て型のひとつなのです。比較的新しい積み立て型として、積立利率変動型終身保険と利率変動型積立終身保険というのもあります。終身保険なのですが、適用される利率が市場動向により変化するなどの特徴があって、2000年前後から取り扱い保険会社が増えてきた人気の保険商品なのです。積み立て型保険は、万一の備えと貯蓄としての役目を持つ保険内容なのです。高い...
掛け捨て型保険とは
生命保険は家や自動車の次に高額なものですから、保険料の支払いに不安を覚える方も多いのではないでしょうか。掛け捨て型の保険は、保険料を抑えたい時に選ぶと良い生命保険です。定期預金もこのタイプです。貯蓄性の高い保険は、満期を迎えた時に多額の保険金が得られます。解約返戻金なども多いので、積み立て型の保険を選ぶ方はたくさんいます。しかし、保険料は抑えて手厚い保障を受けたいとするなら、掛け捨て型の方がメリットが多いと感じるでしょう。積み立て型の保険では、高い利回りを保つために、また充実した保障を受けるため...
独身者向けの生命保険
生命保険は必ずしも加入しなければならないものではないのです。独身者の方の中には、保険に入っておらず、保険の代わりに貯金をしているという方もいる様なのです。家族がいない方は、自分の死後に遺族の生活費や子供の教育費などの備えも不必要なのです。そのためか、保険に加入する必然性を感じないという意見が聞かれ、進んで加入しようとしないようです。しかし、生命保険は今後の人生でのリスクのために加入するものなのです。家族がいないからといって資産を残さないでいると、迷惑が掛かる恐れがあるのです。リスクへの備えには、...

Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集